民泊 撤退 大阪

大阪で民泊撤退を検討中の方へ

民泊新法が施行され、大阪でも民泊撤退を検討している人が急増しています。

大阪城、道頓堀、通天閣、海遊館、USJなど観光地も豊かな大阪。

その一方で、新法による180日ルールや安全設備の規制が厳しくなったことで、
これまでグレーゾーンを承知で営業してた物件は撤退を迫られることになりました。

こんなことでお悩みではありませんか?

  • 180日の営業日数制限で運営が厳しい
  • 安全設備の条件が整えられない
  • 管理組合の管理規約で民泊撤退を迫られている
  • 民泊ブームで始めてはみたものの「儲からない」
  • 近隣住民とトラブルを起こして問題化している
  • 撤退したいけど沢山お金もかかりそうでどう動けばいいのやら…

大阪で民泊をスムーズに賢く行うには3つのポイントがあります!

手間をかけず、これまでの損失を少しでも少なく、または損失を利益に変えて、
賢く民泊から撤退している人達がいるのも事実です。

当サイトでは、大阪で民泊撤退を行う際の3つのポイントを公開しています。
よければ参考にしてみて下さい。

知らなきゃ損する!民泊撤退の3つのポイント

不用品回収を最優先にしない!

不用品処分業者

民泊撤退を検討する時、まず多くの人が頭に思い浮かべることはほぼ決まっています。

ベッドや布団、テーブル、椅子、ソファー、テレビ、冷蔵庫、小型家具、小型家電…。

自宅のスペースを開けたり、マンションから退去する場合に避けて通れないのは、
家具や家電などの不用品の処分ですよね?

民泊撤退に関する手続きや連絡関係は自分の手間になりますが、
おそらく不用品の処分をすべて自分一人の力仕事で行おうと思っている人は少ないでしょう。

「不用品処分は電話1本ですぐに解決できる!お兄さん達がやってくれる!まずはここから解決を!」

そんな思いから「とにかく部屋を空けよう!」という思いが最優先されて、
不用品回収業者に連絡をしてしまう人がとても多いんです。

不用品処分業者のサービスは、荷物を積んで持って行くのが仕事です。

買取をしてくれる場合もありますが、二束三文の価格であることは想像に容易いですね。

民泊廃業を考えた場合、使っていた家具や家電はあなたの大きな資産です。

実際に民泊撤退のダメージを最小限に抑えた人たちは、
不用品処分業者を使っていないケースが目立ちます。

「できることから」と先急いで、不用品処分業者には連絡しないこと!

「民泊撤退=廃業」と決めつけない!

民泊撤退で落ち込む人

民泊撤退を検討している人は当然明るい気持ちを持っているわけではないので、
「民泊撤退=廃業」と決めつけてしまいがちです。

あなたもそうではありませんか?

確かに「旅館業許可を取るにしても、二毛作民泊にしてもお金と手間がかかるし…」と、
民泊撤退を廃業と捉えている人も多いと思います。

しかし、例えば時間貸しの「スペースマーケット」として民泊部屋を活かしたり、
居抜き譲渡」という選択肢を選んでその資金で新たに次の不動産ビジネスを始めている人もいます。

大阪は人口や観光客数も多く、観光資源も豊かなので、可能性は未知数です。

大阪で民泊撤退をすることは決して失敗とは限りません。

専門知識が必要になるものの、決して「民泊撤退=廃業」ではない!

民泊撤退はスピーディーに!

民泊撤退はスピードが大切

絶対にしてはいけない民泊撤退のよくある失敗例を紹介します。

撤退しようかな、どうしようかな。

投資金額は少しでも回収したいしなぁ…来月は儲かるかもしれんし。

あと数か月は様子を見てみるわ!

仕事が忙しくて撤去作業とか後処理をする時間がないねん。

民泊新法が施行されたけど、どういう手順で辞めていけばいいのか分からん。

(という状態のままズルズルと数か月…)

周りに安定して利益を出してる民泊ホストがおるから、頑張れば儲かるはずやねん。

民泊撤退はとりあえず後回しにして、ライバルが少ないエリアを開拓しよ!

民泊撤退は決断が重要

廃業するのか、次の不動産ビジネスに活かすのかは別として、
「民泊」を撤退しようと決断しているのであれば1日でも早い撤退が賢明です。

上記で紹介したケースはどれもズルズルと時間だけが過ぎ去っています。

せめて投資金額を少しでも回収したいという思いは分かりますが、
少しでも回収しようと毎月運用していることでどんどんマイナスに進んでいる状態です。

雪だるま式にどんどん借金が増えていって破産してしまう人もいるので注意が必要です。

民泊撤退は民泊撤退のプロに任せるのがベストです!

民泊撤退サービス業者は、民泊撤退のプロフェッショナルです。

例えば、撤退に向けて不用品回収業者を手配するとしても、
物や量、土地などを考えて高価格買取をしてくれる最適な業者を選んでくれます。

また、撤退後の建物や部屋の活用方法についてのアドバイスをしてもらえるのもポイント!

上でも説明しましたが、「民泊撤退=廃業」と決まったわけではありません。

一方で、大阪の民泊撤退サービス業者は沢山ありますが、
正直に申し上げると詳しいサービス・サポートの内容や迅速性にバラつきがあるのも事実です。

そんな時に役立つのが、民泊撤退の一括資料請求サービスです。

車の売却査定や引っ越し見積もりにも一括見積があるように、
とても便利な民泊撤退業者の一括資料請求サービスがあります。

「査定」や「見積もり」や「申込み」やではなく、気軽に行える「相談・資料請求」というのがポイント!

条件を1度入力するだけで、ひとりひとりのケースに合った最適な民宿撤退業者を選んでくれて、
最大5社の資料が貰えます。

とりあえず資料を貰って比較をしながら、知識も付けながら、
民泊撤退をするのかどうかを決めてもいいかもしれませんね。

そして、すると決断したら、あとは丸投げでお願いしたプロがスピーディーに民泊撤退をしてくれます!

もちろん一括相談・資料請求は無料です。

大阪で民泊撤退を検討されている方はよければ参考にしてみて下さい。

トップへ戻る